福利厚生の重要性

PC

従業員の待遇を考えること

会社で必要なことの1つとして経営する際に、まず大事になることが、運用して儲けを生み出す仕組みが作れるかということです。それは、自分が単にやりたいことではなく、市場調査を行った上で、ニーズにあった会社を経営する必要があります。福利厚生について経営するに当たって、従業員を確保する必要があります。従業員は、その会社の給料や保障、福利厚生などの待遇を重要視するので、社員満足をさせる福利厚生は重要です。その福利厚生の1つに、給料日前に給料を貰うことができる制度があります。これは、銀行が提供している制度の1つで、その銀行と会社が契約を結ぶことで、従業員が簡単な手続きで、給料前に、先に給料をもらうことができるというものです。よって、給料日前だがどうしてもお金が必要な場合などは、給料の範囲内で引き出すことができるため、この制度で社員満足をさせることが可能です。そのほかに、飲食やアミューズメント施設、宿泊施設の利用料など、全国の様々な娯楽サービスを割安料金で提供してもらえる制度もあります。提供しているサービス会社と契約を結ぶことで、より安くより手軽に利用してもらうことが社員満足に繋がります。このサービス会社と提携している企業は数多くあるため、前もってどの企業が安くなるという情報を社内で共有することも、社員満足に繋がります。また割安サービスは娯楽に限らず、資格を取るためのサポートであったり、研修施設として利用することもできるため、個人のスキルを磨く方法もあります。

Copyright© 2017 社員満足度を調査しよう|経営改善の糸口がきっと見つかる All Rights Reserved.