業績アップに必要なこと

アンケート

現状の分析は必須

利益を追求する会社にとって、どうすれば業績向上につながるかは大事な経営課題でもあります。これに関して、社員満足調査が効果的であることは認識しておきたいものです。従業員満足度調査を専門にしている会社も昨今は増えています。そういった外部の会社に委託し、社員満足度調査を実施することの目的は3つあります。1つが従業員の従業員の満足度の向上、2つめが経営課題のあぶり出し、3つめが人事面での調査結果の利用です。社員満度の調査結果が出てその対策を講じ、社員満足度がアップした企業は多くの効果が見られるようになります。社員が満足して働くことによって生産性も向上し、モチベーションも上がります。個々の社員が会社を良くしようとエンジンをつけて業務をこなすようになれば会社の業績はアップすることでしょう。外部の業者に委託することによって社員満足度調査を行うと、経営陣が把握できていなかった経営課題も知ることが出来ます。経営陣というのは社内会議で各部からの報告は聞きますが、現場レベルの生の声を聴く機会に乏しいです。しかし社員満足度調査の結果を見れば、現場で働いている社員がどういった状況で働いているかの実態も分かるメリットがあるのです。現場の実態が分かれば人事戦略に結び付けることも可能です。会社の人的ソースというのは限られていますので、適材適所に適正な人数を振り分けることによってコストの抑制にもつながります。従って社員満足度調査というのはやって意味があるのです。

Copyright© 2017 社員満足度を調査しよう|経営改善の糸口がきっと見つかる All Rights Reserved.