社員に対する教育

オフィス

庁外研修のすすめ

会社においての研修について大企業こそ、社員の研修に力を入れているものです。特に、その専門知識を習得するのであれば、独学では限度があります。よって、会社においてその分野に長けている人に講演をお願いすることがあります。職場でモチベーションを保ち続けるために同じ会社で数十年働く人にとって、入社当時のやる気に満ち溢れたモチベーションを維持するのは大変なことです。モチベーションを維持させることが業績に直結するので、社員満足度を上げることは、それを維持させることに繋がります。経営者としては社員満足のために、数年ごとに研修制度を設けることが必要です。庁外での研修庁舎内において、部外講師を招いて行う講演とは違い、庁舎外で宿泊を伴う研修は社員満足を与えるには効果的です。それにより、普段付き合いのない人と、関わることができるため、程よい刺激を受けます。また、違う環境で研修することによって、普段の生活から離れるため、自分を見つめなおす良い機会になります。特に、家族がいる場合などは、いつも持てない自分の時間を持つことができるため、良い充電期間となります。研修制度の大切さある企業に対してコンサルティングをする会社は、そのような研修制度による社員教育がしっかり確立されているかということを確認する必要があります。ところが、中小企業や零細企業などは、社員の人員不足などにより、そのような環境を確保することが難しい場合もあります。ところが、そのような数年ごとの社内研修が社員満足に繋がり、結局は企業にプラスになることを説明する必要があります。

Copyright© 2017 社員満足度を調査しよう|経営改善の糸口がきっと見つかる All Rights Reserved.